2010年 09月 25日
FF14をやってみよ~ その十六
相変わらず体調が少し悪いぐらいでネタがありません。

ポケモンブラックの方は、4番目の大きな街に到着して、幻のポケモンを捕まえることに成功。
HPをぎりぎりまで減らしているのに、なかなか捕まえられなくて、
ネットで調べてようやくでした。
麻痺とか眠り状態にすれば捕まえやすくなるのね。
さすがに幻のポケモンだけあってステータスが高め。
今まで1匹も持ってなかった炎タイプのポケモンということもあり、今後主力になりそうです。
あとはこの街のジムトレーナーが倒せるかな…?


研究の方は、ややこしいパラメータファイルをようやく作り終わり。
で、平衡化もまた最初からやらないと駄目なのか…
これもまた時間がかかりそーだ。
ここまでやって、予想通りの結果が出ると良いですけど。

------------

東京ゲームショウでは何が話題になったのか。TGS 2010の関連記事アクセスランキングを掲載!
――そして4Gamer編集部の面々が注目した作品とは?
http://www.4gamer.net/games/106/G010627/20100924014/

以前にも増して私が今年のTGSにさっぱり魅かれなかったのは、
私がゲームへの興味をなくしつつあるからなんだろーな。


最高のコストパフォーマンスを誇るマウスソールの代替品「カグスベール」を今さら紹介してみる
http://www.4gamer.net/games/026/G002673/20100903083/

こんなものがあったのか。


ポケモンBWのすれちがい通信がかなり楽しい
http://allabout.co.jp/game/gamenews/closeup/CU20100919A/

そういや4つ目の街に着いて、すれちがい通信でアンケート出来るようになりました。
しかし私の行動範囲でポケモンやってる人はどれぐらいいるんだろーか。
今度、買い物行く時でもDS持って行ってみるかな…?


Halo: Reach 全世界の初週販売本数は400万本以上? 日本での初週販売本数は4万4000本
http://www.xbox-news.com/e10465.html

日本の売上はFPSであることを考えたら、これでも売れた方なんじゃないだろーか。
しかしHalo: Reachは評判良いみたいですね。
プラチナ化した時に暇だったら買ってみようかな…

---------------

今日もFF14オープンβの続き。
今更需要あるんだろーか、とも思いますが、
そんなこと言い出すとこのブログの存在意義がなくなってしまうので、
気にせず自分のペースで。



エーテライトまで行って最初のギルドリーヴを終えて戻ってきた後の続き。



指示に従って「碩老樹瞑想窟」を目指します。
見方を覚えたマップによると、この木の切り株みたいな場所がそうみたい。



ここは幻術士ギルドも兼ねてる模様。



幻術士ギルドでは、「幻術士ギルドトークン」なるものでアクションが購入できるみたい。
ギルドトークンをどうやって手に入れるかは、私のオープンβ中では分からず。



さらに話を聞いてると衝撃の事実。
FF14ではMPは自然回復はしないみたい。
だからMP回復技を早めに覚えたのか…
MP回復技の使い勝手やエーテライトがどれぐらい存在するかにもよるけど、
魔法使いジョブにはけっこう厳しいんじゃ…?



そして隣の人に話すとイベント。



奥へ進むと森で会った角の生えた少年が再び登場。



主人公は、たまたま森の結界が切れた時に森を訪れてしまったようで、
森の精霊たちの怒りを「穢れ」として浴びてしまったとか。
そもそも主人公は何で森を歩いてたんだろーか。



そんなことを話していると、お馴染みの2人組が登場。



この2人が森の精霊たちのお客様かもしれないから、先にこの2人の禊を手配してもらいたい、と兵士みたいな人。
何故に主人公は除外されてるんだろーか。
お客様=森の精霊たちの願いを叶えられる人だそーで。



で、穢れを落とすためには「収穫奉納祭事」に出れば良いそうで、
それが行われるのは「グレートローム小農場」とのこと。
お呼びがかかるまで待て=先にもう1つの目的のアトリエ「フェン・イル」に行け、ということか。



ということで、アトリエ「フェン・イル」へ。
ここは革細工師ギルドなのか。



事情を話すと奥から親方登場。



「大樹人のつる」を渡すと(といっても手のひらに何も乗ってないけど)1000ギルの価値しかないと残念そうな顔。
この後、何故価値がないのか理由を長々と話そうとするのですが、



また新キャラ登場。



2人組が乗ってきた飛空艇を調べたらしく、
使われている技術の高さから2人組が帝国から来たのではないか、と推測する少年。
帝国と呼ばれる技術の進んだ国が近くにあるのかな?
革細工師ギルドが何故飛空艇を見ているのかと思ったけど、
この街で1番技術が高いのがここってことなのかな。



「あの2人は精霊たちのお客様らしい」と親方が言うと
「精霊なんていない」と意味深な言葉。
この少年は今後ストーリーに深く関わってくるんだろーか。



そういって少年が立ち去った後、結局「大樹人のつる」は幻術士様に見てもらうことに。
って、さっき会ったんじゃね?
行く順番が逆だったら、話が変わってたりするのかな。



そして案の定、グレートローム小農場からお呼びがかかりました。

続く。
[PR]

by netoge_toga | 2010-09-25 23:59 | その他雑記など | Comments(2)
Commented by ぶひ at 2010-09-26 09:00 x
俺は二つの目の街のジムリーダーに挑戦中。
水タイプのポケモンが欲しい今日この頃。
Commented by netoge_toga at 2010-09-26 14:24
2つ目の街というと最初のジムリーダーですかね。
私の場合、水タイプのポケモンが普通に捕まえられるようになったののは、
3つ目の街に行ってからだったかな…?
ブラックとホワイトでどれぐらい敵配置とか違うんだろーか。


<< FF14をやってみよ~ その十七      FF14をやってみよ~ その十五 >>