2006年 07月 07日
DDO日本語版をやってみよう~
今日もまた更新遅れます…
ごめんなさい。

-------------

昨日書くの忘れちゃいましたが、
今日から(既に昨日から)

ゲットアンプドR
http://www.getamped.jp/

のオープンβテストが始まってますね。
任天堂のスマッシュブラザーズ?みたいな
集団格闘戦が好きな方はどーぞ。


CABAL ONLINE英語版からまたメールが。
7月21日からオープンβテストをやるそうで。
なんかまた登録しろ、って言われてるけど、
クローズドβテストのデータはワイプされるのかな…?

--------------

今日はちょとだけネトゲ。
せっかくクローズドβテストに当たってるので

ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン“ストームリーチ” 日本語版
http://www.ddo-japan.com/

を遊んでみました。

えーと、また先に書いておきますけど、怒られたら消します。
こんなことばっかりやってるといつかほんとに怒られそうだ…w

まぁ日本語版のプレビュー
http://www.4gamer.net/review/ddojp_pre/ddojp_pre.shtml

も4Gamerに載ってるしいいじゃないですか、ということで。
というかここ見たら私が紹介する意味ほとんどな(ry


a0005030_23483913.jpg


起動させると始まるムービー。
あれ?こんなの英語版にもあったっけ…?
カットしてて見てないから覚えてな(ry
D&Dの世界にも最終戦争とかあったのか…

a0005030_23485010.jpg


ということでDDO日本語版の始まり始まり。
ドラゴンなんて戦うのはずっと先の話なんだろうなぁ。

a0005030_23491379.jpg


今回はD&Dの華?であるローグをやってみることにしました。
えと、4Gamerのプレビューにも書いてますが、
今のところ音声は英語で字幕が日本語、という感じになってます。
洋画を見ている感じ。

a0005030_23492567.jpg


ローグに向いた種族はハーフリングらしいので
今回はハーフリングを選んでみました。
ハーフリングの女性キャラはけっこう日本受けしにくいかも…

a0005030_23493822.jpg


日本語化は見た感じほぼ全てされているようです。
防具をつけるといろいろデメリットも多いんだなぁ…

a0005030_23494935.jpg


a0005030_23495912.jpg


細かいキャラカスタマイズは相変わらず全く分からないので
デフォルトのキャラで作ってみましたが、
このトリップとスライシング・ブローの2つを覚えてました。
「かもしれない」って…
日本語はところどころ違和感があるような気も。
このあたりは徐々に直っていくのかな…?

トリップとスライシング・ブローですが、
蜘蛛相手に使ってトリップは抵抗があって成功率0(8本足だから転ばないか…)、
スライシング・ブローはレジストされてばっかでした。
あんまり使い勝手良くないのかも…


a0005030_2350106.jpg


ガード・ラシチセロ。

NPCの名前も全部カタカナでした。
これはこれで違和感あるよーな気も。
なんで違和感あるのかな?と思ったら
FFXIとかSWG日本語版とかでもNPCの名前は英語だったんですよね。
どっちがいいんでしょ…?
武器や防具も全部カタカナで一切英語は見当たらず。
英語を見るだけでもアレルギーが、という人にはいいのかも。

a0005030_23502217.jpg


クエストの文面。
英語を直訳した感じが強いかも…
あと、英語だとフォントが凝ってて読みづらくも味があったりするんですが、
日本語版だと今のとこフォントは全て一緒。
味気ない気も…

a0005030_23503465.jpg


ということで最初のクエスト。
ついこないだ英語版でも追加された
「ソロ」オプションがもう追加されてるんですねぇ。
アップデートを頑張るって言ってましたが、本当かも。

a0005030_23504923.jpg


ダンジョン中のナレーションも英語で字幕が日本語。
うーん、レバーの「レ」と「バ」の間で切って中央揃えだと読みづらい…

a0005030_2351476.jpg


語尾もそろってなくておかしい…
まだまだ日本語には改良の余地は多いかも。
ということで、さくっと最初のクエストはクリア。


そしていったん外へ出てチュートリアルの小部屋へ。

a0005030_23511771.jpg


今まで行ったことのなかったステルス・トレーニングの部屋に入ってみました。
トラップの解除の仕方とかよく分からなかったしねぇ。

a0005030_2351264.jpg


トラップが近くにあると「危険」と表示されて
あたりにトラップがあることを知らせます。
これはローグにかかわらず探知の能力が影響するようで、
探知だけなら誰でも可能のはず。

そこで探索(これも誰でも可能)を行うと、

a0005030_23513710.jpg


こんな感じにコントロールボックスを発見。
これを解除するとトラップが無効になります。
解除できるのがローグだけ、ってことでいいはず。
もちろんどれも確実に成功するわけではなく、各々が個人のステータスに依存するようです。


トラップ解除だけでなく、他にも

a0005030_23514955.jpg


何か隠されてる!って時に探索を使うと

a0005030_23515684.jpg


隠し扉(色の違うとこ)が発見されたり。

a0005030_235252.jpg


ロックされた扉を開けたり。
ダンジョン中にこーいうのがあるんならそりゃローグ必須になるよなぁ。
パーティに1人はローグが必要、というのは分かる気がします。



a0005030_23521819.jpg


チュートリアルの酒場を出て最初の街の酒場でクエストを終わらせておしまい。
ハーフリングだとたいしてコボルトと大きさ変わらないのにw


まぁもともと英語版で遊んでましたしスムーズに楽しめました。
完全に日本語化されてたけど、違和感なく遊べるにはもう少し、って感じでしょうか。
前から言ってるようにゲームとして悪くないと、思ってはいるのですが、
何せダンジョン内の仕組みはランダム要素もないから1度すれば終わりのコンテンツ消費型。
それでいてパーティ必須だから人、環境を選ぶのは確かでしょう。
私じゃ無理だろうなぁ…

ゲームとしては面白いので1度試してみるのは良いかと。
近々オープンβテスト始まりますしね。
といったところで日本語版紹介はおしまい。
[PR]

by netoge_toga | 2006-07-07 23:59 | その他雑記など | Comments(0)


<< 【GoldWing】目標達成?      2つのオープンβ始まる >>