2008年 07月 13日
スペイン料理レストランに行ってみよう~
今日のメインは↓なんですが、
その前にお買い物。
本屋でフィラデルフィアとニューヨークのガイドブックを買いました。
フィラデルフィアは大きめの本屋でも3冊しか置いてなかった…
やっぱりあんまり観光地って感じじゃないのかな。

------------------

Flagship Studios' Closure Confirmed, All Staff Fired, All I.P. Lost - Voodoo Extreme
http://ve3d.ign.com/articles/news/39866/Flagship-Studios-Closure-Confirmed-All-Staff-Fired-All-I-P-Lost

Stack-Style: Flagshipが従業員を大量解雇。スタジオを閉鎖
http://stack-style.org/2008-07-13-01.html

今日飛び込んできた衝撃のニュース。
Hellgate: Londonを作ったFlagshipが閉鎖。
あんまり上手くいってないとは聞いてたけど、
それほどまでに資金が苦しかったのか…
Hellgateはもっと完成度上げてリリースしてたらまた違った結果になった気がするけどなぁ。
まぁBlizzardみたいに
「100万本売れると確信するぐらい完成度上げないと何年経っても出さない」ってのは無理でしょうけど。
個人的にはNVIDIAと組んで
最新グラボが売れるぐらい要求スペックが高くなったのと
韓国のHanbitと組んで
未完成のまま発売してもOKな思想が入ってしまったのが敗因かな?と思ってます。
後者は私の想像にしか過ぎないですけどね。
韓国でもNCSoftはギルドウォーズとかCity of Heroesとかで欧米で成功してるけど、
韓国ネトゲ企業が欧米で成功してるのは極一部な気がします。

しかしこれで今後どうなるんでしょうね。
もしHanbitが直接開発継続するのならファンにとって良い方向には進まないだろうなぁ…
Hellgate日本語版買うのなら今しかない?
ビル・ローパーもどうなるのかな…?


北米Xbox 360のHDD 60GBに増量・20GB版は在庫かぎり値下げ
http://japanese.engadget.com/2008/07/13/xbox-360-60gb-hdd-20gb/

結局20Gの値下げは今だけで
60Gが値段据え置き(349ドル)なんですね。
アーケードやエリートはそのままみたい。
去年PS3の20Gと60Gがアメリカで値下げしたのと同じか。
やっぱり値下げは厳しいんだろうなぁ。
日本も追随するのかな?
確かに20Gだとクラシックとか入れてるとすぐに容量いっぱいになっちゃうから
60Gあればいいかも。


今週発売のXbox360ソフトは1本だけ。

マイト・アンド・マジック エレメンツ
http://www.ubisoft.co.jp/mme/

もともとM&Mと言えば
Ultimaとかと一緒に昔からある伝統的なRPGでしたが、
版権をUbiに買われてFPS視点のアクションゲームとして登場。

個人的にニコニコ動画でプレイ動画を見た感じだと
「Oblivionを一本道にしてアクション性を高めたゲーム」という印象。
Oblivionみたいな中世ファンタジー好きにはお勧めかも。

Dark Messiah of Might & Magic: Elements 海外レビュー
http://www.360gameszone.com/?p=2515

ただ、バグがあるようで海外の評価はやや低め。
雰囲気はなかなか良さそうなんだけどなぁ。

----------------

今日はRubenとスペイン料理レストランに行ってきた時の話を。
プレイ日記の方はお休みします、ごめんなさい。
明日からCivilization Revolution体験版を紹介予定。




ということで今日はRubenと一緒に
ダウンタウンのスペイン料理屋に行ってきました。
入ってみると中はけっこう高級そうな感じ。
私はスペイン料理はほとんど分からないので
Rubenにいろいろ説明してもらって「typical(典型的)」なスペイン料理を頼んでもらいました。

スペイン産の白ワイン飲んでると
まず前菜で「Chorizo and Hot Green Peppers with Sidra」というものが(写真撮り忘れ)。
チョリソ(Chorizo)とシードラ(Sidra)というのがスペイン伝統なんだそーで。
Hot Green Peppersはシシトウかな?
チョリソ食べてみると辛いソーセージって感じでしたが、
Rubenに言わせると「これはスペインで言うところのチョリソではない」とのこと。
ソーセージとどう違うか聞いたら
チョリソはソーセージみたいに肉が挽き肉じゃなくて
もっと大きな肉の塊が入ってるんだそーで。

チョリソ - Wikipedia

ここにいろいろ書いてますね。
スペインだと辛くもないのか。
あと、シードラ(フランス語ではシードルっぽい)は

シードル - Wikipedia

リンゴで作ったお酒のことだそうです。


そしてメインディシュに

a0005030_6203276.jpg


「Paella with Chorizo, Chicken and Shellfish」を。
パエリアですね。1個頼んだら2人でちょっと多いぐらいでした。
パエリアの他にパエリアのお米がパスタになった「Fideua」というのもあったんですが、
お米好きなんでパエリアを注文。
(インチキ)チョリソと鶏肉とアサリと海老入り。
Shellfishって「fish」だからどんな魚かな?と思ってたら
貝や甲殻類のことをまとめてそう呼ぶのね…
ちなみにスペインだとパエリアは1,2週間に1度は食べる料理なんだそーです。

個人的にはけっこう美味しかったんですが、
Ruben的には美味しいけどちょっと不満があるみたい。
まず水の量が多めでお米の粒がつぶれてしまった、というのが気に入らないそーで。
スペインだとちゃんと米粒が残ってるとのこと。
あとスペインだと肉類と魚介類を1つの料理に混ぜないんだそーで。
肉料理には赤ワインを魚料理には白ワインを合わせるからそれはおかしい、とのこと。
さらにワインにもこだわりがあるようで
ウェイトレスの人が冷やして持ってきたのですが、
「これは冷やし過ぎでワインは室温よりちょっと低いぐらいが一番美味しい」だそーです。
けっこうRuben食にこだわるなw

a0005030_6205392.jpg


さらに最後にコーヒーとデザートを。
チュロスというらしいです。

チュロス - Wikipedia

細長いドーナツに砂糖がいっぱいまぶしてあって
それをさらに溶かしたホットチョコレートに浸して食べるもの。
これが今日食べた中で1番スペインと同じもの、と言ってました。
スペインでは到る所で食べられるんだそうです。
甘すぎるぐらい甘いかな。
これ毎日食べると確実に太りそうだ…


これで今日はおしまい。
お腹いっぱいで大満足でした。
全部で2人でチップ含めて100ドル弱。
ワインが30ドルぐらいしたのが値段上げてますけど、やっぱりちょっと高めかな?と思っていたら
Ruben的にはこれでも安いみたい。
ユーロが強いからスペインで同じもの食べたらもっと高くなる、と言ってました。
ユーロ強くていいなー

Ruben的には「アメリカンな」スペイン料理レストランだったのがちょっと不満だったようなので
今度は本当のスペイン料理を探して
また別のスペイン料理レストランに行ってみるかもしれません。
ということで続くかも?
[PR]

web拍手を送る
by netoge_toga | 2008-07-13 23:59 | その他雑記など | Comments(0)


<< E3発表いろいろ      【GTA4】Hangman&#... >>