2006年 10月 31日 ( 1 )

web拍手を送る
2006年 10月 31日
ネトゲの課金システムについてちょっと書いてみる
誰も興味がなさそうなXbox360話。

【値上げ】XBOX360安売り店情報 7店目【開始?】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1161829014/

441 名前:名無しさん必死だな[sage] 投稿日:2006/10/31(火) 22:05:17 ID:VElMMD0h
60 名前: ◆06n9jvvCqU 投稿日: 2006/10/31(火) 16:50:10 [ vjbQLqWc ]
箱ロストプラネットパック
12・21  44800
・ロスプラソフト
・ヘッドセット~ロスプラモデル
・箱LIVE3ヶ月ゴールドメンバーシップ
・追加ステージDLカード
・Xbox360(標準パッケージ)

当然コントローラーは無線、HDD付き

これマジ?

本当らしいです。
うーん、ちょっと欲しいかもしれない。

ロスト プラネットというのはこれ。

http://www.capcom.co.jp/lostplanet/

私の中でXbox360で買いたいソフトに入ってるので
どーせ買うんならこれでいいんだけどなぁ。
これが5000円引きぐらいしてくれると嬉しいんだけど。

------------

んー、何にもネタがなかったり。

何にもないので「Rasphard's Diary」さん内の記事

月額課金制 崩壊の時代
http://rass.blog43.fc2.com/blog-entry-1302.html

を見て思った現在のネトゲの課金事情について考えたことを書いてみようかと。
まぁ前からちょくちょく書いてることのまとめみたいなもんですけど。



ネトゲの商売方法として
まず遊ぶ前にパッケージが必要なのか、必要でないのかに分けられます。
パッケージという形じゃなくても遊ぶのに前金が必要なタイプ
(大航海時代OnlineとかDDOとか)はパッケージと同じように考えていいかと。
パッケージが必要なのは欧米製のMMORPGやFPSの大半、コンシューマ機のネトゲなど。
一方必要ないのはリネージュIIなどの大半の韓国製ネトゲ。
パッケージ販売のメリットはパッケージでの収入が期待できること。
逆にデメリットは遊ぶまでの敷居が高いこと。
パッケージがない分のメリットデメリットはその逆。
パッケージを購入しなくても良いものの、購入するとゲーム内の特典が得られる、というのもありますね。

そして課金体制ですが、
月額課金、アイテム課金、ハイブリッド課金、なし、その他の5つぐらい。
それぞれパッケージ必要不要で分類してみます。
挙げてるネトゲは思いついたのを適当に挙げてるだけなんで、特に深い意味はありません。


1.月額課金
 パッケージ必要:FFXI、PSU、信On、大航海、WoW、EQ2、DDOなど
 パッケージ不要:リネージュI&II、ミュー、RF Online(日本版)、TOEO、UCGO、PSOBBなど

最近めっきり減ってしまった月額課金タイプ。
多く人を集めてるようないわゆる大作ネトゲで開始された時期が古かったものはほとんどこれ。
ユーザーにとってのメリットは一律比較的低金額(1000円~3000円)を払えば誰でも同条件で遊べること。
見た目上「不平等さ、不健全さ」が見られにくいこと。
デメリットはオープンβ→正式サービスになる時に敷居が高くなってしまうこと。
一度課金を止めた場合戻るのに抵抗があること。
まぁ、1ヶ月フルに遊べる人と週に1日2日しか遊べない人で同じ料金を払わなければいけないのはおかしい、
という意見もありますが…
企業にとっては安定した収入を見込みやすいのがメリットですが、
1人あたりから取れる金額が比較的少ないのはデメリットでしょう。
なのである程度人が集まらないと採算が取れにくい課金体制。


2.アイテム課金
 パッケージ必要:PS3で出る予定のグランツーリスモHD
 パッケージ不要:大半のPCネトゲ、韓国製に多し

ここ2,3年で急速に伸びてきたアイテム課金制。
さすがにアイテム課金制でパッケージが必要なのは今のところPCのネトゲじゃないんじゃないのかな…?
無料で試したい時に試せるのが最大のメリット。
オープンβ→正式サービスでも極端に人が減ることは少ないでしょう。
逆にデメリットはいくら使うのか分からないこと。
よく「ユーザーのニーズに応じて自由に自分の使うお金を設定できる」とか
「時間のない人が経験値アップアイテムを買うことによって時間のある人との格差を狭められる」とか
さもアイテム課金は理想な課金形態、のように言われますけど、
あれっておかしいですよねぇ。
パンヤの「ガチャッとポンタ」のように数百円のお金を払うことによって
ランダムでそこでしか手に入らないアイテムが入手できる射幸心を煽るシステムなんて
企業にとっては理想的なんだろうけど、ユーザーにとっては理想的ではないでしょうに。
時間のない人云々も結局「時間もお金もある人」が有利なだけであって
月額課金と比べて時間+お金というベクトルが2つに増えただけ。
月額で必ず5000円払わなきゃいけないのと
自発的にアイテムを買うために5000円使うのとでは
後者の方がユーザーを取り込みやすい、というのは多分そうなんでしょうけど、
じゃあそれを何ヶ月も続けられるのか、というと微妙。
結局短期的に取れるだけ取れる人からお金を取ろう、というシステム。
月額よりユーザーから多くのお金を取れるので少ない課金者数でも運営が成り立つのが企業にとってのメリット。
でも私はこれが健全なシステムとは思わないし、
将来的には廃れていく気はするんだけどねぇ…
あと、このシステムに慣れた人ってRMTに抵抗なくなってしまう気が。
「ゲーム内のアイテムをリアルマネーで買う」ってのはどちらも変わらないからねぇ…


3.ハイブリッド(月額+アイテム)課金
 パッケージ必要:多分なし
 パッケージ不要:RO、ベルアイル、GE、三国無双Online(予定)、R.O.H.A.N(予定)など

最近出てきたタイプ。
広い意味ではFFXIのキャラ1人追加につき100円必要、とかも入るかな。
月額の少ない課金では運営を賄えないから
最低月額を取っておいてさらに取れる人からは取れるだけ取ろう、とするタイプ。
ユーザーのメリットってなんなんだろう…?
私はこのタイプが流行るとは思えないんですけどねぇ。
よっぽどゲームそのものに魅力ないと駄目な気も。


4.なし
 パッケージ必要:GW、大半のFPS、NDSのネット対応ゲームなど
 パッケージ不要:なし

さすがに課金もなくてパッケージも要らない、というネトゲは存在しないでしょう。
将来的には広告料だけで儲ける、ということが可能なのかもしれないですけど。
1度パッケージを買ってしまえば後は無料でいくらでも遊べるのが最大のメリット。
ただし、人が減ったりしてしまうと運営は儲けがないのですぐサービス終了しがち。
あと、バグフィックスはともかくアップデートはあんまり期待できず。

#GWはそれでも普通のMMORPGなみにアップデートもするからすごいんだけど。
#しかしGWはパッケージ追加するたびにそこから新規に入る人は何個もパッケージ買わなきゃいけなくなるわけで
#今のシステムをいつまで続けるつもりかなぁ…?

追加料金が一切かからないのである意味一番平等で健全。
ただ、運営としては運営しても儲けがないのでリスクは高め。
MMORPGなど長期に渡って大規模なサーバを維持しないといけないものは難しいですね。
パッケージを購入するのにも手間がかかるし、
PCネトゲではFPSぐらいじゃないときついだろうなぁ…


5.その他

その他に分類するか微妙だけど、
「無料で期限なくゲームの大半の内容を楽しめて、そこからさらに楽しむためには月額 or/and パッケージ)が必要」
というタイプ。
日本ではほとんどないと思うけど、海外だとPlanet SideとかAnarchy OnlineとかRune Scapeとか。
Second Lifeもある意味入るかも。
日本だとレベル60まで無料で遊べるミューもこちらに入れてもいいのかも。
ミューの世界においてレベル60がどれぐらいの位置づけなのか分かりませんけど。

無料でも充分楽しめるし、アイテム課金と違ってそこから本格的に遊ぶのに必要な金額が決まってる、
というのが最大のメリットでユーザーにとっては非常に良いことですが…
運営にとってサーバ負荷の割りに儲けが少なくなってしまうのがデメリット。

個人的にはこーいうタイプのネトゲが流行ってくれると良いと思うんだけどなぁ。
体験版をもっと拡張したタイプ、って感じかな。
普通体験版だと期限制限つきで2週間ぐらいしか遊べないんだけど、
それがある一定の範囲ならずっと遊べるタイプ。
レベルいくつまでは無料とかスキル合計値いくらまでは無料とか。
もし課金を止めてもレベルの低い2ndキャラならすぐに戻って様子を見れたり、
とかすると復帰者も多くなるような気も。
ただ、やっぱり儲けが少ないし企業としては積極的にはできないかな…
このタイプならパッケージでお金取ったり多少月額増えてもいいと思うんだけど。


私としてはゲームに使う限度額がある程度の範囲(せいぜい月5000円以下かな?)に決まってて
ほとんどの人が同じ分だけお金を使ってる、というシステムが良いと思うんですけどね…
アイテム課金制はゲームの将来を考えるとまずいと思うんですけど。
小さい子供でも安全に遊べるような仕組みの方が良い気がするんですが…
私としてはオンラインゲーム市場はそんなに広がってるとは思えなくて、
市場の規模が大きくなってるのはただ単にアイテム課金制が広まって
お金をより多く払う人が増えてる、だけと思ってます。
実際ネトゲ人口も増えてるのかも疑問。
だってここ最近出たネトゲで10万クラスの人数を維持できてるのって全くないじゃないですか。
PSUが10万ぐらい売れてるけど、あれは維持できてるのかな…?
あとはDDOが3万ぐらい課金してるぐらいだし。

うーん、ユーザーにとっても運営にとっても理想な課金体制ってなんだろう…?
もうちょっと何か良いアイデアが思いつくといいんだけど。

---------------

うだうだ相変わらずまとまりのない文章ですが、
こーいうことを誰か上手く10000字ぐらいにまとめて

メディアクリエイト ゲーム論文大賞
http://www.m-create.com/jpn/ronbun.html

に出してくれないですかねぇ?
ちょっと私にはまとめる時間がないかな…
ほら、共同執筆もOKだし。
私の取り分は2割で良いですよw
[PR]

web拍手を送る
by netoge_toga | 2006-10-31 23:59 | その他雑記など | Comments(4)