人気ブログランキング |
2007年 07月 28日
【Shadowrun】トレーニング1
久々にweb拍手のレス~

俺なら躊躇なく2の準備をしながら3. 4は確かに失敗したときのリスク高いね。

結局私は1になりました。
まぁベースとなるgradientのプログラムあったんで
だいぶ簡単になりそうですけど。

説得は諦めました。
関係する論文読んでたら
「この電荷モデルは電子密度から直接計算したdipoleより
 実験値に近いから良い」みたいな言い方してて。
そりゃあ実験値にフィットしてるんだから合うのは当然なんだろうけど、
それってどうなの…?w
私にはどう説得すればいいのか分かりません。

しかし上手くいくかどうかは微妙だなぁ…
やっぱり収束に問題あるっぽいし。
まぁT教授の指示(圧力?)みたいなもんだから
とりあえずこの研究所での立場は安心かな…?
将来的なことを考えると微妙なところですが。
私ほんとこの研究室で論文書けるのか…?

-----------

今日は
ちょこっと計算したりプログラム眺めたりした後に
T教授と少しディスカッション。
この人はディスカッションに行くとほんと嬉しそうな顔するなぁ。

いろいろ文句を言って張り合おうかとも思ったんですが、
英語で喧嘩できるほど口達者じゃないし、
正直こんなことに張り合っても意味ないし
研究室での立場を危うくする可能性も高いので全面降伏。

今日のディスカッションはほとんど確認だけ。
多分こうだろうな、と思ってたことを確認することによって
これから始めることを意志表示する目的。
これで来週のミーティングで何もしゃべらなくても安心w
来週から頑張って組み込もうっと。


で、今日は珍しくAdamに誘われて
AndreasとAdamとJemmyと一緒に夜ごはん。
前にAdamにおごったハンバーガー屋さんへ行ってきました。

相変わらず会話はさっぱり分からんなぁ…
ずっと私を除く3人でいろいろしゃべってましたが、
ほとんど何しゃべってるのか分からず。
分かった話題は大統領候補のオバマ氏をどう思うかってことと

「T教授日曜のお別れパーティ来るらしいよ」
「誰だよ、T教授に教えたの」
「Roberto(今回幹事やってる学生さん、私より後に研究室に来た人)だよ」
「あいつにはきちんと言っておかないと駄目だなぁ」
「しかし本当にT教授来るのかよ…」

みたいな感じの話題。
どこでも似たような感じだなぁw

1人だけ話題についてけなくてぼけーっとしてましたが、
ハンバーガーは美味しかったです。
誘ってくれてありがとうございました。
日曜もこんな感じなんだろうなぁ…w

-------------

ハイビジョンキャプチャボードPV4の発表のお知らせです
http://guideline.livedoor.biz/archives/50938498.html

PV4キター
2万弱か、やっすー

1世代前のPV3は既に販売中止になってて
ヤフオクとかで7万とかの値段がついてましたが、
この値段で出してくるとは。
大量生産できるのかな…?

でもスペックはあんまり変わらないみたいですね。
入力はD端子だけでD4まで対応。
HDMI&D5には対応してないのね…
さらにこれソフトウェアエンコーディングだからPCにかなり負担をかけるんだよなぁ。

性能自体はついこないだ出たばっかりの

HDRECS
http://www.canopus.co.jp/catalog/hdrecs/hdrecs_index.php

の方が良い気はしますけど。
こっちの方はHDMI端子他いろいろついてるし
ハードウェアエンコーディングだからPCに負担あまりかけないし。
まぁその分こっちの方が値段5倍も高いんですが…w


日本に住んでたら良いデスクトップPC買って
ハイビジョンキャプチャしたいんだけどなぁ。
さすがに海外でデスクトップPCは買う気が起きないです。
私が日本に戻る頃にはハイビジョンキャプチャ安くなってるといいな。


ACE COMBAT 6 体験版、50万を超えるダウンロード
http://www.360gameszone.com/?p=1241

すごいですね。
期待の表れでしょうか。
売れるといいなー…

------------

今日は久々にトラスティベルじゃなくShadowrunの紹介を。
私もさすがに書くの飽きてきたのでw
同じのばっかりだと飽きると思うのでちょくちょく混ぜていこうと思います。

体験版で少し紹介しましたが、
製品版ということでもう1回細かく最初から。



今日のDS。


・もっと脳トレ

脳年齢20歳。


・もっとえいご漬け

英語力AAA。

-------------

a0005030_6453155.jpg


はい、ということでShadowrunです。
最初FPS苦手で覚えることいっぱいでややこしい、ということで
買うつもりはなかったんですが、
50ドル臨時収入が入ったのとプレイ日記を見てて面白そうだったので
買ってしまいました。
覚えることがいっぱいで射撃だけに依存しない
=頑張って覚えれば私にもそれなりに活躍できるかもしれない、と思いなおし。
実際どうなるか分かりませんけど。

ご存知の方も多いと思いますが、
Shadowrunはほぼオンライン対戦専用のFPSです。
Windows VistaとXbox360の初クロスプラットホームのゲームとしても有名。
FPSといっても銃だけでなく魔法や機械が混じりあった世界、というのが大きな特徴。
種族もエルフやドワーフが出てきてファンタジー世界って感じ。


a0005030_6455317.jpg


ほぼオンライン専用ということで
チュートリアルのトレーニング、
オフラインでBOTと戦うソロマッチ、
そしてオンラインのプライベートマッチとパブリックマッチ。
プライベートマッチが自由に人数制限できるってことかな?
Shadowrunの場合パブリックマッチでも自由にパーティ組めるので
他のゲームのランクマッチとはちょっと違うんだよなぁ。

a0005030_6461498.jpg


ということでまずはトレーニングから。
体験版でもチャプター1~3は遊べるので興味のある方は試してみるといいかと。


a0005030_6463650.jpg


今日はチャプター1。
グライダー、テレポート、エンハンスビジョンの説明がメインです。
それとあと銃の紹介。


a0005030_6465691.jpg


FPSということで基本はこの主観画面です。
左スティックでキャラ移動、右スティックで視点&照準移動なのは大抵どのゲームでも一緒。


a0005030_6471342.jpg


まずはグライダーの説明から。
その名の通り一定時間ふわっと空を飛べます。FPS視点だと分かりづらいですけど。
空中でもグライダーをたためば素早く着地も可能。
ただ高いところから落ちるとダメージを受けてしまいます。


a0005030_6473111.jpg


そしてテレポート。
移動方向(見ている方向ではない)にワープ。


a0005030_6475543.jpg


こんなふうに普通ではいけないところでも


a0005030_6481419.jpg


テレポートならワープ可能。
壁抜けが可能なところが他のFPSと違いますよね。


a0005030_6484049.jpg


ジャンプしながらテレポートを使うと天井にもワープ可能。
しゃがめば地下へにもOK。
かなり便利な機能ですが、当然無限に使えるわけじゃなくて
左下の丸いエッセンスゲージを3つ消費。
エッセンスゲージはMPみたいなものでマジックを使うと消費します。
エッセンスは時間で自動回復。


a0005030_64958.jpg


今度は射撃。まずはハンドガン。
射撃はRTボタンで固定。
中央の照準リングの大きさが精度の高さを示します。


a0005030_6492791.jpg


動いたり


a0005030_6494693.jpg


銃を撃ったりすると照準リングの大きさが広がります。
このあたりのシステムは他のFPSでもありますね。
バランスを取るにはいいんだろうなぁ。

a0005030_6501062.jpg


リロードはXボタン。
リロード中も照準リングは一時広がるようです。


a0005030_650302.jpg


そして今度はサブマシンガン。


a0005030_6504862.jpg


押しっぱなしで連射ができますが、すぐに照準が広がってしまうので近距離戦向け。
押しっぱなしだと弾もあっという間になくなってしまうなぁ。



a0005030_6512087.jpg


そしてテックのエンハンスビジョン。
マジック=魔法、使うとエッセンスを消費、
テック=機械技術、ヒューマン以外は装備してるとエッセンスにペナルティ、
と思っていただければいいかと。


a0005030_652213.jpg


このエンハンスビジョンは透視能力。
敵と味方の位置が壁を通過して分かります。
このゲーム、標準のレーダーとかはないので遠くの敵の位置を知るのはこれだけ。
さすがにずっと使えるというわけじゃなくて
3秒ぐらい使ったら3秒ぐらい使えなくなります。
それでも敵の位置が分かるというのはかなり便利。


a0005030_6522112.jpg


a0005030_653976.jpg


で、エンハンスビジョンを駆使して模擬戦。
BOTの敵を見つけ出して倒します。
これあるとほんと便利だなぁ。


a0005030_654117.jpg


今度はショットガンの使い方の説明。
近距離で2発当てればほとんどの敵を倒せるほど強力な近接戦闘の武器みたいです。

a0005030_65622100.jpg


a0005030_6564490.jpg


だからといってこんなに近づくのはどうかと思うんですけどw
BOTだから倒せてるけど、実際はこんなに近づくのは厳しいだろうなぁ。


a0005030_657857.jpg


そしてスナイパーライフル。

a0005030_6573744.jpg


a0005030_6575798.jpg


a0005030_6581637.jpg


遠距離からでもヘッドショットで1発で倒せるという非常に強力な武器ですが、
スコープをのぞいていないと撃てない、という欠点が。
ダメージを食らうとスコープが強制解除されるので近距離戦には向きません。
ほんと遠距離専用ですね。
ズームしなくても撃てると強力すぎるのでそれでバランス取ってるのかと。


a0005030_6583882.jpg


で、トレーニングの最後には教えてもらったテックやマジックを使ってBOT戦。
難易度はもちろん1番簡単なルーキーを選択。


a0005030_659437.jpg


味方にもBOTがいます。


a0005030_6592919.jpg


グライダーで空飛ぶの危険ですね。


a0005030_6595115.jpg


蜂の巣になって死んでしまいました。
グライダーは動きがゆっくりになってしまうし、使いどころが難しそうだなぁ。

a0005030_701380.jpg



でもけっこう敵倒してこっちのチームの勝利。

a0005030_703254.jpg


成績トップでした。
1番難易度低いのでトップになっても自慢にならないですけどw

そして実績解除。
こうやって細かく実績解除してくれる方が個人的には短期的な目標があって好きですね。

ということでトレーニング2へと続く。

by netoge_toga | 2007-07-28 23:59 | Xbox360


<< 【TB】第五章 夜想曲 その弐      【TB】第五章 夜想曲 その壱 >>