人気ブログランキング |
2009年 06月 13日
Saints Row 2 その壱
ここのところカウンターの数値が全然表示されないので、
いいかげん変えようかと思ったのですが、
エキサイトブログってスクリプト制限してるから、
設置できるカウンターは、かなり限られるんですよねぇ。
どこのカウンターが良いんだろう…?

--------------------

今日は研究ネタばっかりなのでスルー推奨。


朝起きてメールをチェックすると「あなたの論文が投稿されました」とのメールが。
最初、意味が分からず混乱したのですが、内容読んでようやく把握。
T教授が、この前出した論文を別のところに投稿したのね。

ということは、この前出した雑誌には落とされたということか。
うーん、格が高い雑誌だし、通るかどうか全然予想がつかなかったけど、
落とされたのは、やっぱりショックだなぁ。
と、今日は日中へこんでました。

で、T教授と連絡取ると、夜にレフリーのコメントが転送されてきました。
論文投稿するより先に送ろうよ。
レフリーは3人で、1人はかろうじてOKで、2人は却下。
文句を言いたいコメントも多いけど、まぁ納得できる評価かな。
半分ぐらいは、もうちょっと論文を丁寧に書いておけば大丈夫だった指摘だけど、
初めて投稿する雑誌だし、字数制限厳しいし、T教授が書いた論文だったから、
これで良いのかと思ってたし、私から口出しするのは難しかったんだよなぁ。
しかし、そういった箇所を直していたとしても、
「既に公開されてる手法だし、何も新しい発見がないから載せる価値がない」と
言われてしまっては、どう頑張っても無理だった気がする。
手法の改良だけでは、この雑誌に通すのは無理みたいだなぁ。
精度と効率の面で言うなら、私の手法は実用可能の中でトップクラスだと思うんですけどね。
やっぱり私には縁がなかった雑誌ということで。

今度投稿した雑誌は、前にも出したところなので、
さすがに落とされることはないと思います。
今度落とされたら、それはさすがに立ち直れないぞ…


で、自分の研究の方は、2次元ポテンシャル面を書こうと思ったら、
今のプログラムでは欠陥があることが分かったので、プログラムを改良。
後はひたすら流してたけど、インプット書くのに疲れるなぁ。
インプット書くの自動化しようかな…

---------------------

Analysis: May NPD Top 20 Illustrates Nintendo Dominance
http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=24032

NPDの11位~20位が公開。
DSが4本、Xbox360が4本、PS3とWiiがそれぞれ1本ずつ。
DSは、定番ソフトがランクイン。
ガーデニングママも売れるんだ。
Xbox360もCoD4、CoD:WaW、Halo3のFPS3本が定番になるんでしょうね。
CoD4とHalo3なんて、もう2年近く前のソフトだぞ…
日本で言うところのMHPシリーズみたいな立場なんだろうなぁ。
あと、Xbox360ではSacred 2がランクイン。
Sacred 2は、日本語版出ないのかな…?


北米で27万本程度販売したDS版GTAチャナタウンウォーズがバーゲンセールススタートショット記事。
http://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-3573.html

GTA:CWは、ランクインしなかったなぁ。


【Wii】『アークライズ ファンタジア』の製作プロデューサーが情熱的すぎる件
http://blog.livedoor.jp/jin115/archives/51523378.html

アークライズ ファンタジアって、マーベラスに持ち込まれて作られたんだ


月刊誌『ファミ通PSP+PS3』が季刊誌に変更になる
http://blog.livedoor.jp/jin115/archives/51523385.html

日本に帰って来てからもネットで情報拾ってばっかりで、
全然ゲーム雑誌読んでないなぁ。


カプコン、PS3/Xbox 360「ロスト プラネット 2」
エピソード2の新ステージの情報を公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090613_286273.html

体験版は、まだかねぇ。


Ubisoftがすでにアサシンクリード3の制作をスタート
http://www.xbox-news.com/e7188.html

気が早いなぁ。
まぁアサシンクリード2も海外では期待されてるようだし、売れるんでしょうけど。


アメリカの深夜番組でProject Natalをデモンストレーション
http://www.xbox-news.com/e7184.html

やっぱりシビアな操作は難しそうだなぁ。

-----------------------

今日は、Saints Row 2の紹介を。



今日のDS。

・どうぶつの森

つねきちが来たけど、売ってた絵は既に1度買った絵だったのでスルー。

-------------------------

a0005030_13462769.jpg


ということで、今日からSaints Row 2も紹介。
一言で言うとGTAのパクりゲー。
ただ、独自に進化して、
全編オンラインCoop可能だったり、カスタマイズ要素が豊富だったり、
GTA4ではない要素も持っています。
GTA4ではない難易度設定もEASY、NORMAL、HARDの3段階で可能。
とりあえずNORMALで進めてみることにしました。

a0005030_13464589.jpg


ゲーム開始。
音声は英語で字幕付き。
うーん、字幕の文字が小さい…
海外のゲームは、何でこうも字幕が小さいんでしょうねぇ。
ほんとどのぐらいの大きさのテレビで遊ぶことを前提としてるのやら。

数年間、昏睡状態だった主人公が刑務所の中で目覚める所からスタート。
ストーリーは、前作からのつながりで細かいことは分からないのですが、
前作のエンディングは、主人公は大爆発に巻き込まれたところで終わったらしいです。

a0005030_1347885.jpg


で、主人公のいる医務室に刑務所の職員が向かうのですが、
誰かが刺されて運び込まれてきます。

a0005030_13473720.jpg


そして主人公の包帯を取るところでキャラメイク画面。
もともと前作では主人公は男性だったようですが、女性も選択可能。

a0005030_13475589.jpg


洋ゲーらしく、キャラメイクは非常に豊富です。
ただやっぱり洋ゲー臭さはあるかも。
日本で言うところの若い美男子や美女を作るのは難しい気が。

a0005030_1348256.jpg


最初、頑張って作ってみたのですが、
私のセンスでは上手く顔を作るのは難しいので、結局デフォルトの黒人男性で遊ぶことに。

a0005030_13484566.jpg


ベッドで目覚める主人公。
確認すると、何故か去っていく警備員の人たち。

a0005030_1349812.jpg


と、隣の刺されて運び込まれてきた人が話しかけてきます。
兄がセインツという主人公が昔作った組織にいたそーで、
ここから脱出するのを助けに来たとのこと。
刺された(刺した?)のは計画的だったみたい。

a0005030_13494820.jpg


2人で刑務所脱出することに。
この刑務所からの脱出は、チュートリアル的な扱いになってます。
いろんなものが持ち運べるのね。

a0005030_13501977.jpg


出てくる警官を倒して、パイプスペースを通って屋上へ。

a0005030_1351440.jpg


次に向かう目的地は、光ってて分かりやすいですね。
指示に従って先に進みます。

a0005030_13512698.jpg


警官から銃を奪って、その銃で攻撃。
GTA4と違って、ロックオンはしてくれないので、自分で狙いをつけないと駄目。

a0005030_13514759.jpg


右スティッククリックで、エイムモード。
ヘリもピストルで落とせるんだ。
この後、非常階段を下りて、ひたすら逃げます。

a0005030_13521688.jpg


警官を殴り倒すシーン。
連続攻撃したりすると、特殊なモーションが入るみたい。

a0005030_13524186.jpg


パトカーが出口を抑えてるのですが、
隣が盛り土になってるので、そこを登って刑務所から脱出。
まぁ何て都合の良い。

a0005030_1353413.jpg


a0005030_13531975.jpg


ボートに乗っても、まだ警官は追いかけてきます。
ボートに着いてる機関銃で追ってくるボートやヘリを落として、
ようやく刑務所からの脱出に成功。
最初から内容がヘビーだな。

a0005030_13533625.jpg


ミッション終わりのムービー。
都市が大きく変わってることに驚く主人公。
主人公が昏睡状態の間に、アルターという会社が進出してこうなったそーで。

a0005030_13542691.jpg


そして主人公がいなくなった後、セインツが崩壊したことを教えられます。
今は、別の組織がいくつか現れてきたそーで。
まぁ要するに前作で組織を築き上げたけど、また最初から、ってことですかね。

a0005030_13544273.jpg


しばらくは、身を隠しておいた方がいい、と言われて最初のミッションクリア。
お金は、脱出を手伝ってくれた人からもらった、ってことなんだろーか。

続く。

by netoge_toga | 2009-06-13 13:54 | Saints Row 2 | Comments(23)
Commented by drmaruyama at 2009-06-13 16:50 x
リジェクト御愁傷様です。今度は通るといいですね。僕も先月リジェクトされたペーパーをせっせと直しております(--;)

自動化できる事は自動化しましょうぜ。人間様の時間がもったいないっす。
Commented by netoge_toga at 2009-06-13 22:20
あらら、drmaruyamaさんもリジェクトされてしまったんですか。
お互い今度は通るといいですね。

今日インプットを作るためのプログラムを作って、だいぶ作業が楽になりました。
fortranしかまともに使えない人なので、
出力ファイルからデータを取り出して、次の入力ファイルに、
といった作業は、ほんと苦手です。
perl?とか覚えた方が良いんだろうなぁ…
Commented by drmaruyama at 2009-06-14 17:17 x
ヨーロッパのちょっと格調高い雑誌にサブミットしたのですが、もっと専門的な雑誌に出せというレフェリーコメントが返ってきました(;;)。ボスの思いつきに振り回されたくないよなぁ。

僕はFORTRANが嫌いなので出来るだけFORTRANを使わないようにしております。スクリプトはRubyで書いていたりします。
Commented by netoge_toga at 2009-06-14 18:31
私も似たような感じですね。
私の場合、今回は教授が論文をほとんど1人で書いて出したので、
実害はないといえばないんですけど、
何だかんだで期待していたので、やっぱりそれなりにショックでした。

Rubyは、ファイルの加工に向いてるみたいですね。
勉強したいとは思うけど、なかなか機会がないんだよなぁ…
Commented by jona at 2009-06-21 04:46 x
言語ネタが出てるので割り込み(笑)

もし勉強する機会があるんなら、今からはじめるのならPerlは
止めといた方が良いかも(笑)。ちょっとしたプログラムでも
結構暗号みたいに分かりにくいコードになるよ・・。

僕の場合は、Perlから初めて、Rubyに移って、それから
Pythonに落ち着きました。Rubyは日本で人気のあるスクリプト
言語(開発者が日本人)で、日本語の書籍が豊富に出てます。
Ruby on Rails(だったかな?)で、Web application開発(?)
で有効らしいです。自分が使った範囲だと、テキスト処理がかなり
Perlに似ていて、記述は楽です。

PythonはRubyより若干古い言語で、確かもともとは教育用に作られたとか書いてあった気がします。なので、基本文法がかなり単純で、
2-3時間で覚えられます(笑)。基本の言語仕様は極力簡単にして、
必要になった拡張は全てライブラリとして提供しよう、というスタイル
みたいです。たとえば、正規表現もライブラリになってるので、
使うのがRubyよりちょっと面倒です(それが、僕が先にRubyを
使ってた理由ですね^^; 実は正規表現使わずに済む方法が
あって、僕はそれを使ってます。)
Commented by jona at 2009-06-21 05:02 x
"Ruby vs Python"ネタはいろんな所で読めると思いますが、
自分が理解してる範囲だと、以下の点が大きいです。

* テキスト処理がメインならRubyはかなり楽です。
* 数式処理の信頼性で、僕はRubyに若干不安なところがあります。
特に、関数呼び出しのかっこ省略文法の解釈の曖昧さ。
(もう最近は大丈夫なのだろうか、、。)
* RubyとPythonは「設計思想」に根本的な違いがあって、

-- Ruby: ひとつのことをやるために、出来るだけ多彩な方法を
提供する(Perlの思想を引きついでいる?)
-- Python: ひとつのことをやるのには、極力ひとつの方法しか
ないようにする(単純化思想)

です。なので、ファンシー(アクロバティック?)なオブジェクト指向
を楽しみたい人にはRubyは魅力あります。一方で、言語解釈が
複雑化するので、それなりに「意図していない解釈」になる危険性も
あり、この辺個人の使い方(?)によるところが大きいです。

一方、Pythonは元の文法がそんなに数がないので(笑)、
誰が書いても似たような、べたな(?)コードになります。
ライブラリがなければ、テキスト処理だけなら多分Pythonの
方が行数長くなると思います。
Commented by jona at 2009-06-21 05:31 x
その上で、なぜ僕がPythonに落ち着いたかというと、なぜなんで
しょうねえ・・。別にクリティカルな理由とか差はないと思いますが
(僕らが書くようなちゃちいスクリプトの場合)、
しいてあげれば、Pythonの方がスクリプトを
拡張させていくのがなんとなく楽だったのと、あとライブラリ
で「これスゲー」というのがあったのが大きいですね(笑)
具体的にはNumPy (Numerical Python)とmatplotlibで、
numpy使うともうほとんどFortran90の世界です(笑)
たとえばこんな感じ。

from numpy import zeros

a = zeros( (100,100) ) # a, b,c は100x100配列。
b = zeros( (100,100) )
c = ...

aとbの要素に値をセット、、

c[:][:] = a[:][:] + sin( 2.0 * pi * b[:][:] )
# Fortran90の c(:,:) = a(:,:) + sin( 2 * pi * b(:,:) )
と同じ。

c[0][:]で ( c[0][0], ..., c[0][99] )のベクトル(実際にはarray
view/slice)になるし、ほぼFortran90と同じ感覚で扱えます。

それをmatplotlibというプロットライブラリに渡すと、pythonスクリプトから直接グラフが書けます。
ttp://matplotlib.sourceforge.net/
Commented by jona at 2009-06-21 05:57 x
まあ、それだけっちゃあ、それだけの話ですが(笑)。
自分はFortranファンなので、numpyは結構お気に入りです。
ちなみに、行列の対角化やらFFTやらも、numpyにデフォルトで
入ってたと思います。

ひとつのコーディングスタイルとしては、メインを全てPythonで書いて、計算コストのかかるところだけC/C++もしくはFortranで実装する、
というのもあるようです。(pDynamoみたいな感じ。)
僕の場合だと、せいぜいFortranからシステムコールでPythonスクリプトを呼んで、そいつに外部プログラム(QMプログラムとか)の
入出力を制御してもらうとか、その程度です。データの加工を
スクリプト側である程度やれるので、Fortran側をシンプルに保てる
(再コンパイル不要)なのが、便利な感じです。
Commented by jona at 2009-06-21 06:08 x
ひとつだけPythonの嫌なところ(?)をあげておくと、あの独特の
「インデント」文法ですね、、。インデントでブロックを識別するので、
慣れがいります。僕は慣れなかったので(笑)、ブロックの終端には
必ず"#/"という"end"っぽい記号を入れて、見やすくしています、、。

for i in range( 10 ):
    x += some_func( i )
  ....なにかの処理...
#/

みたいな。このブロック終端だけは、endか}みたいな
文法の方が良かったなあ、、。
(ちなみに、TABではなくスペース4文字でインデントした方が、
いろいろ無難です。)コードの雰囲気は、
MPICHのmpd.pyとか見ると分かると思います。

あと、Fortran出身だと引っかかりやすいですが(主に自分(笑))、
a, bが基本型(整数、実数など)でない場合、
   a = b
は内容のコピー「ではない」です。bashでいう local a=b
みたいな感じ(アドレスorポインタor参照のコピーの意味)。
= の右辺になんらかの「演算」が入る場合は別で、
新しい変数(データ、オブジェクト)が右辺で生成されて、それに
左辺の名前が割り当てられる、という感じです。
(numpyでも、a = b と a[:] = b[:]は意味が違います。) 
Commented by jona at 2009-06-21 06:34 x
ぐちゃくちゃ文法のこと書いたら長くなってしまった、、(汗)

余談ついでにもうひとつ書くと、HPC用の新しい数値計算言語も
いろいろと模索されてるようです。たとえば、SunはFortressというのを
やっていて、C++ => Javaに発展(?)させたようなことを、
Fortran(90,2003) => Fortressでやろうとしてるみたいです
(主に、マルチコアでの並列処理を楽に書けるようにするため。)

ttp://www.kmonos.net/wlog/60.html

ただ、(旧)HPFとかOpenMPでも
そうですが、どれだけ「実際に」使い物になるか、使いやすいか、
また普及するかは別問題な所もあって、Fortressがいいのか
どうかまったく不明です。(これ以外にも、IBMや
Crayも新しい言語仕様を模索してるみたいです。)

自分はDが結構好きだったのですが、まったく普及しなかったので(笑)、
C++とFortranの「いいとこどり」+並列処理をサポートしてる良い
言語が出てほしいですね。Fortranは特に、2003以降あまりに
文法がダサダサなので、、。かといってC++もそれなりに面倒な
感じで、PythonがC/Fortran並の速度で動いてくれたらベスト
なのですが(笑)
Commented by jona at 2009-06-21 06:53 x
あ、あと忘れてならない(?)のが、multiprocessingライブラリです。

ttp://coreblog.org/ats/multiprocessing-package
(この著者の口調はどうも鼻につくので注意。)

この並列処理ライブラリはすごく面白そうなんですが、
まだいじったことありません、、。どのくらいパフォーマンス出るのやら。
Commented by jona at 2009-06-21 07:12 x
上の方で、"a = b"を"bashでいうlocal a=b"と書いたけど、"alias a=b"の間違いですorz
(お酒飲みながら書いてるのもので、いい加減、、
そもそもbashで説明するのがなんとも(汗)
Commented by netoge_toga at 2009-06-21 10:26
詳しい情報ありがとうございます。
起きたら長文が書かれてて、びっくりしましたw

Pythonがお勧めなんですね。
確かに文法が単純なら、それを覚えるのが良さそうです。
Pythonで数値計算したりグラフ描いたり出来るんですね。
matplotlibのホームページ見ていたら、
等高線のグラフの等高線に直接数字が入れられるのは便利かも、
と思いました。
前に描いた時は、gnuplotで作ってイラストレータで自分で数字入れてたので…
話の次元がしょぼくてすいません。

FortranからPython呼んだり出来るんですね。
確かにそれなら2つのプログラムをつなげたりする場合に良さそうです。
今度そういう機会があったら使ってみようかな。
Commented by netoge_toga at 2009-06-21 10:26
Fortressとかmultiprocessingとか、
今は並列計算用にいろいろと開発されてきてるんですね。
私は全然情勢についていってないですが、
将来的にそういうのが必要になってくるんですかね。
Fortranベースの覚えやすいのがいいなぁ…w
MDのプログラムをAMBERから他に移行しようかと思ったけど、
Cベースで書かれてるのが多くて結局移行できなかった私。

あまりきちんと把握出来てなくて申し訳ないですが、
いろいろ情報ありがとうございました。
機会があったら使ってみます。
しかし私の場合、楽しようと今までの知識で頑張るから、
なかなか新しいことを覚える機会がないんだよなぁ…
Commented by drmaruyama at 2009-06-21 18:18 x
まにあっくな。

FORTRANから他のプログラムを使うにはsystemを使います。例えば、構造最適化のプログラムから3D-RISMを呼び出す時に
call system('3drism-grad 3drism >> 3drism.out')
と書いています。rubyもsystemだしpythonはos.systemですね。

みんななんでFORTRANが好きなのか理解できない俺って異端だなぁ。
Rubyを勉強したかったら僕の部屋に山ほどありますからお貸ししますよ。
Commented by netoge_toga at 2009-06-21 19:26
call systemで他のプログラムが呼び出せるんですね。
初めて知りました。今度使ってみようかな。

私の場合、Fortranが好きというか、
それしかきちんと習ったことないので他が出来ない、というだけの話です。
他の言語は、あまり速くないとか聞きますし、
今のところFortranだけで何とかなってるので、
そのままずるずると、という感じですね。
まぁ必要に迫られたら、勉強するんじゃないのかな?と気楽に考えています。
もしRubyを使うことになったら本を借りに行きますね。
Commented by jona at 2009-06-21 21:15 x
うーん、寝付けなかったのでネット見ながらダラダラ書いてたら
長くなりました(すいません、、)

>みんななんでFORTRANが好きなのか理解できない俺って異端だなぁ。

これはおそらく逆では?世間一般はC系の言語がみんな「好き」で、
「古代言語」FORTRANなんて使ってる方が「変態」かと・・(笑)。
実際には、過去の遺産(ソフト)に縛られて、無理矢理「使うはめに
なっている」状況が多いだけだろうと思います。

#大きな書店だと、COBOL本の方がFortran本より多かったりします
ね(;;)

にも関わらず、自分はFortranの「基本思想」の部分には、魅力を感じるんですけどねえ・・。文法の単純さ(習得が極めて容易)とか、配列添え字がデフォルトで1ベースとか、データの受け渡しがデフォルトでアドレス渡しなこととか・・。多次元配列をあれほど「手軽にかつ高速に」
扱える言語はあまりないと思います。

ただ、Fortranの致命的欠点は、ソフトが大規模になっていったときの
ことが仕様でほとんど考えられてないことで、、。Fortran2008になってやっとましになる感じですが、少なくとも「初心者に優しい」とは言えないものになってる気がします。
Commented by jona at 2009-06-21 21:30 x
Fortressで面白いと思うのは、αやら∑やらの数学記号がプログラム
中でダイレクトに使える仕様ですね。あんまり実用とは関係ないと
思いますが(笑)、Mathtypeの数式入力みたいな感じでプログラム
作るのも、それはそれでコードは読みやすそうだ、と思った次第です。
(入力が楽ならば!)

ただ、あまりに趣味仕様に走ってるからか知りませんが、Fortressは政府からの援助打ち切り(?)になってるようですが・・w
Commented by jona at 2009-06-21 22:04 x
>他の言語は、あまり速くないとか聞きますし

C++だと、渡したいメモリ領域の先頭アドレスを関数に渡して、
内部で動的なサイズの連続メモリ長方形配列にキャストして
参照すれば、オーバーヘッド0でFortranとまったく同じスピードで
動かせます(1行でかけます)。昔はこれ、文法エラーではねられた
のですが、今はサイズが仮引数でもいけるんですねえ。

なので、「他の言語の方が遅い」というのは、もうあまり当てはまら
ないかと、、。(スクリプト言語は除くとして。)

まあ、その上で、なぜFortranを今使ってる人がC++(系)を熱心に
勉強したがらないか、というと、結局「面倒」のひとことに尽きるんじゃないですかね、、。古いパッケージどうするかとか、勉強する時間とか、
どんなメリットがあるか不明とか、も含めて。実際、今のC++の
レベルだと、移行して良かったと思ってもらえるほどのありがたみが
あるかどうか、微妙だと思います。(数値計算に限り。)

なので、C#/Dに強力な配列操作と充実した並列機能を
足したような新しい言語が出ないかな~と待ってる次第です。
まあ、出ても普及するのは10-20年かかるので、いつの話かという
感じですが。。。
Commented by jona at 2009-06-21 22:09 x
(追記)
>内部で動的なサイズの連続メモリ長方形配列にキャスト

先にヒープにメモリを確保するような裏技でなく、単純な「型キャスト」
です。任意サイズの長方形配列にキャストして参照する、という意味です。
Commented by netoge_toga at 2009-06-22 00:28
詳しい情報ありがとうございます。
私には話が専門的過ぎてあんまりよく分かってないですが、
もう今はFortranの速度優位性はないんですね。
他の分野と一緒で、将来的にはFortranは使われなくなるのかな…?

Fortranは今2008まで出てるんですね。
90以降、さっぱりついていってないや…w

>まあ、その上で、なぜFortranを今使ってる人がC++(系)を熱心に
>勉強したがらないか、というと、結局「面倒」のひとことに尽きるんじゃないですかね、、。

私はまさしくそうですね。
ほぼ全てのパッケージのプログラムが移行しない限り、
勉強しない気がします…
Commented by jona at 2009-06-22 06:24 x
分かりやすい比較があったのでメモを。RubyとPythonの話はかなり
好みの問題だと思いますが、Perlまでさかのぼるとどのくらい
暗号チックになるか、またC++だとどのくらいコードが長くなって
しまうか、下の表を見ると感じがつかめると思います、、。

ttp://0xcc.net/blog/archives/000043.html

Fortran用のファイルの前・後処理が目的の場合、Rubyから
入るのが吉かもしれません。というのは、
Pythonだと、range( 10 )が [0,1,...,9]を表すとか、
スライス[0:3]が0,1,2を表すとか、多分直感的に慣れないことが
多いと思うんですよねえ、、。Rubyだと、1..10はまんま1から10
なので、なじみやすいと思います(1...10にすると、1から9になります)。

まとめると、
とっつきやすさ:  Ruby > Python
コードの短さ・書きやすさ: Ruby > Python
ライブラリの多さ: Ruby < Python
みたいな感じかなあ。Rubyに慣れて、もし興味が出れば、python
も勉強してみると良いかもです(どっちかを知っていれば、他方は
すぐ理解できるので)。

ではでは・・
Commented by netoge_toga at 2009-06-23 00:09
引き続き情報ありがとうございます。

確かにPerlは@や$が多くて分かり辛いですね。
同じような文章をC++で書くのも大変みたいだなぁ。
RubyとPythonとJavaScriptは、似たようなところもあるんですね。
これだけ似てると逆に間違えそうな気もしますが、そうでもないのかな?

とっつきやすさはRubyの方が良いんですね。
それならもし勉強する機会があったら、Rubyから試してみようと思います。
しかし、私の場合、あんまり大量のデータを整理するということがないので、
今のところgrepで拾って、ちょこっと加工するだけで何とかなってるんだよなぁ。
RubyやPythonが必要な時は来るんだろーか。


<< Saints Row 2 その弐      NPD5月発表 >>