人気ブログランキング |
2010年 02月 14日
Dragon Age: Origins その十九
昨日も特にネタなし。

夜にDSで星のカービィ ウルトラスーパーデラックスを遊んでみました。
ゲームを開始すると長めのムービーが流れて任天堂にしてはちょっと意外。
そしてこれいろんなゲームの集合体なんですね。
最初の普通のアクションの「はるかぜとともに」はあっさりクリア出来たけど、
次の「激突!グルメレース」が難しい…
私レースゲーム苦手だからなぁ。

そしてその後、Xbox360でDante's Infernoの体験版を遊んでみました。
なかなか良く出来てると思ったけど、
確かにオリジナリティはあんまりないかもなぁ。
最近ベヨネッタ、Darksiders、God of War 3、そしてこのDante's Infernoと
似た感じの3Dアクション多過ぎ。


研究の方は、T教授とメールでやり取り。
この前の件は納得してもらったけど、
また別の件で質問があったのでそれに対する回答+マニュアルいじり。
しかしT教授と英語でやり取りするのはほんと疲れるなぁ…
さっさと終わると良いですけど。

とか思ってたら、寝る直前にT教授からメールが。
面倒臭い追加指令が来てしまいました。
時間かかりそうだから月曜日にやろう…

------------

2010年2月第3週発売の新作、他
http://ameblo.jp/sinobi/entry-10457535952.html

今週は、HEAVY RAINとバイオハザード5 オルタナティブ エディションが売れそうなのか。
どちらもどれぐらい売れるんだろうなぁ。

今週発売のXbox360ソフトは2本。


ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~
http://dantes-inferno.jp/

↑にも書いたけど、God of Warっぽい3Dアクションゲーム。
作ったのはDead Spaceで一躍名をあげたVisceral Games。
公式ページの「ニュース」の1月8日のところに書いてるけど、
日本語版は吹替えでかなり修正入るみたい。
昨日体験版遊んだ感じ、修正入って当然の出来だったからなぁ…
グロはともかくエロの方が今の日本じゃ無理かと。

Dante’s Inferno 海外レビュー
http://www.choke-point.com/?p=7112

海外での評価はまずまずといったところ。
出来が悪いわけじゃないみたいけど、この手のゲームはライバル多いからなぁ…


EAT LEAD~マット・ハザードの逆襲~
http://www.d3p.co.jp/m-_-m_parotte_gomenne/

URLアドレスからも分かるようにパロディネタが満載らしいTPS。
これもまた日本語吹替えだそーで。

Eat Lead: The Return of Matt Hazard 海外レビュー
http://www.choke-point.com/?p=5049

海外での評価は微妙なところ。
ゲームの出来自体がいまいちみたいだなぁ…

-----------------

休みの日はDragon Age: Origins。



2人のGrey Warden候補者に会った後の続き。



何やら兵士に止められて入れないエリア。
これどこだっだっけな…?
だいぶ前に遊んだからすっかり忘れてしまったなぁ。



で、ようやく行くところがなくなったので、
本来の目的のAlistairと会うことに。
会うべき人には頭上にマークがついてて分かりやすくなっています。



近づいてみると何やらAlistairとCircle of Magiのメイジの人が口論中。



Alistairが「敬愛する母(誰?)」からメッセージをメイジの人に伝えに来たみたいですが、
メイジの人はそれが気に入らないみたい。
怒って帰ってしまいました。



その後、Alistairとお話。
改めて自己紹介。
やっぱりGrey Warden入隊の儀式について言われます。
先ほどのメイジとのやり取りについて聞いてみると、
Circle of MagiとChantryという教会側のいざこざが原因みたい。
Chantryは王様の命令でCircle of Magiがこの遠征に参加しているのが気に入らないよーで。
さっきの「敬愛する母」はChantryの指導者っぽいな。



それで、Alistairは半年前にGrey Wardenに入る前はテンプラー(教会の騎士)だったそーで、
ややこしい立場だとのこと。
Chantryはメイジを危険だと考えていて支配下に置きたい模様。



で、Alistairがパーティに加わって、再びDuncanのところへ向かうことに。



さらにAlistairといろいろとお話。

・ChantryはAlistairをテンプラーになるように育てていた。
・Duncanは、そんなAlistairが幸せそうには見えなかった&対メイジ用の訓練が対Darkspawnにも有効と思ってAlistairをスカウトした。
・AlistairをChantryから抜けさせるのにDuncanはかなり苦労した。
・Darkspawnは過去4回世界を滅ぼそうとしたが、いずれの時もGrey Wardenが人類を勝利に導いた。
・Weisshaupt Fotressという場所にGrey Wardenはかつてグリフォンを飼ってたらしい。
・しかし前回のBlightでグリフォンは死に、Grey Wardenの数も大幅に減ってしまった。
・今のCailan王の父親のMaric王はBlight中のGrey Wardenの指揮権を保障した。
・Chantryの教え的にはBlightは、
 かつて創造主が古の神々を人類を欺いて自分達を崇めようとした罪で幽閉する
 →しかし古の神々は数人にささやき魔法を教え、その人達がTevinter帝国のメイジとなる
 →そのメイジ達は自らを汚し、Golden Cityへと入る
 →そして創造主に見捨てられ、最初のDarkspawnとなる
 →古の神々は牢獄から抜け出し、アークデーモンとなり、Darkspawnを率いている
 ということになっている。
・しかし実際のところは、Darkspawnが地面から現れるということ以外はよく分かっていない。
・人類がBlightに勝利した時にDarkspawnは地下へと逃げた。
 そして別の古の神を探し、それが次のBlightとなる。
・今回のBlightではまだアークデーモンは発見されていない。
 ただの大規模なDarkspawnの侵略じゃないか、と人々は思い始めている。
・しかしGrey Wardenはアークデーモンが背後にいる可能性をまだ捨ててない。
・Darkspawnはドワーフの王国を滅ぼして以来、Deep Roadsと呼ばれる地下の道路網を支配しているので
 地下までDarkspawnを追いかけて殺すのは難しい。
・アークデーモンは、大きくて賢いドラゴンである。
・Blightに勝つには頭を潰す=アークデーモンを倒すしかない。
・前回のBlightでは、Grey WardenのリーダーのGarahelがAndorhalというアークデーモンを1対1で倒した。
・Darkspawnの数は数千から数万? Darkspawnは数を増やすために数世紀を費やしている。

会話長過ぎだよ…w



それでAlistairのステータス画面を見ると下にハートマークのゲージがあるのを発見。
これが友好度みたいなやつか。
前に犬が拾ってきたぼろぼろのケーキをあげてみたら+5上がりました。
Alistair、良いのかそれで…w



そしてDuncanのところへ。



ChantyとCircle of Magiの関係に愚痴りつつも本題に。
これから入隊の儀式としてやることは2つ。
Alistair+候補者3人でKorcari Wildsに向かって、
候補者3人分のDarkspawnの血を小瓶に入れて持ってくること。
そしてかつてGrey Wardenのアウトポスト(駐屯地)だったところに行って、
そこに置いて魔法で封印された巻物を持って帰ってくること。
その巻物は古い条約が書かれていて今役立つかもしれないんだそーで。
2番目の方は儀式というわけではないみたい。



ということで、予想通りKorcari Wildsに行くことになりました。
新しいクエスト「Tainted Blood」発生。
Alistairに加えて残りの候補者2人がパーティに入りました。



その残り2人のステータスを見てみたら、Alistairと違ってステータス欄に友好度のメータがない…
これはこの場限りの仲間ってことかな?



仲間になった2人と再びお話。
まずはJory卿から。

・Redcliffeという場所の出身だけどDuncanがスカウトしたのは主人公がいたHighever。
・もともとEamon伯爵のボディガードだった。
・Maric王の葬儀に出席するEamon伯爵に同行した時、HigheverでHelenaという女性に出会った。
・Helenaに一目惚れし、何年も理由を見つけてはHigheverに行き、1年前にHelenaと結婚した。
・Blightに打ち勝ったらHigheverに戻るつもりだ。
・先月DuncanがHigheverを訪れた時、トーナメントが行われJory卿は優勝した。
 それでJory卿はDuncanにスカウトされた。



続いてDaveth。
こっちは弓使いか。

・ここからちょっと東に行った所にある小さな村の生まれ。
・父親を追い越してから街に出て村には何年も戻ってない。
・Denerimという街に6年いる。あまり好きではない街だがこれ以上「財布」がある場所がないから。
・もともとはスリだったらしい。
・Grey Wardenと出会ったのはDuncanの財布を盗もうとしたから。
・Duncanの財布を盗んだ時、DuncanはDavethの腕を掴んだが、Davethは振りほどいて逃げた。
・しかしお尋ね者のDavethは警備隊に捕まってしまった。
・Davethが首を吊られそうになった時にDuncanが止めた。
・Duncanが何故私のような人を欲しがったのか分からないが、「手際の良さは重要だ」とDuncanは言ってた。
・Duncanは見た目よりも素早い。

こんな経歴を持つやつだったとは…w
Duncanから財布を盗むってのはすごいってことなんだろうなぁ。


続く。
今のところ、ここでゲームは止まっています。
Mass Effect 2が届いたので、この続きをいつ始めるかは分かりません。
しかしDragon Ageは会話量が多くて訳すのほんと大変だ…

by netoge_toga | 2010-02-14 21:51 | Dragon Age: Origins


<< Dante's Inf...      NPD1月感想 >>